子供の矯正治療、受け口をプレオルソ(マウスピース)で治すことができるの?

お知らせ

子供の矯正の装置・プレオルソで受け口を治すことができるの?

 このプレオルソですがどういった場合に使うかというと3~5歳の小さいお子さんに使います。

いろんな年齢のお子さんに使う症例もたくさん報告されておりますがこのプレオルソなどの装置は既成の装置ですので細かい歯の動きはできません。

ですのでしっかりとした小児矯正を行う場合はこちらを使わずに型取りをし、個人のオーダーメイドのマウスピース矯正を行います。

しかし、型どりをするマウスピース矯正はある程度年齢がいかないとできない場合が多いです。3~5歳のお子様は型どりが困難になる場合があったり、協力を得られない場合も多いのでこういった既成の装置で様子を見ることがあります。

もしお子様の協力を得られなかった場合は、せっかくオーダーメイドでつくってもすべてダメになってしまうこともあります。

オーダーメイドではなくこういった既成の装置であればもし付けられなかった場合に1年たってからつけるなども可能になります。

 

プレオルソは上あごが出ているお子さんでしたり下あごが出ているお子さんなどいろんなタイプに使えます。

装置自体も一つではなくてこのプレオルソにはタイプがいろいろあります。 

プレオルソは主に2つのタイプに使えます。

・反対咬合(受け口)

・交叉咬合(左右にずれがある)

 こういった場合は早期に改善したほうがいいですので3~4歳時点でプレオルソ装置を使って矯正治療をします。

 例えば反対咬合はなぜ早期に改善したほうがいいかというと、咬み合わせが反対なので成長もまだある中で将来どう言う歯並びになるのか予測がつかない場合が多いです。

ですが早期に改善しておくことで、上あごの成長を妨げないという利点があります。

反対のかみ合わせになっていると上あごが成長したくても下あごの歯にあたって成長を阻害されてしまいます。

それを小さいころから改善しておくことで上あごがしっかり成長でき、改善してそのまま大人になっても反対咬合に戻らないお子様がほとんどだとされています。

稀に成長の過程で反対咬合に戻ってしまう場合もありますがそれでもプレオルソを使用し改善をしておくことで反対咬合の程度をできるだけ小さく収めることができるとされています。

 ですので当院ではプレオルソという装置は3~5歳の反対咬合(受け口)や交叉咬合(左右ずれ)が見受けられ、早期に改善したほうがいいと判断した場合にこういう装置をおすすめしています。

 お子様の矯正治療を検討されている場合は参考にしていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました