子どもの矯正治療を始める前に知っておきたいこと

小児矯正

 

「子どもの矯正治療を始める前に知っておきたいこと」

 

子どもの矯正とは?

矯正治療には、大人が受ける成人矯正と子どもが受ける小児矯正があります。

また、子どもの矯正は一期治療の二期治療の2つに分けられ、主に一期治療を小児矯正•二期治療を成人矯正に分類されることが多いです。

 

歯並びが悪くなる原因

顎に歯がまっすぐに生える為の十分なスペースが無い場合に、歯が無理やり生えようとして歯が重なりあって生えてしまい歯並びがガタガタになってしまいます。

指しゃぶりや、舌で歯を押し出すなどの口腔習慣によって歯が押し出され歯が動いてしまい歯並びが悪くなってしまいます。

 

子どもの矯正の目的は?

矯正といえば、歯並びをキレイにするためにするものだというイメージがあると思いますが、育成期の子どもの矯正は虫歯を予防したり顎や骨のバランスを整えたり、正しい発音を発声できるようにしたりなど、機能面•健康面の改善が目的です。

ですので、審美的な目的で行う矯正のように必ずしも見た目が美しく綺麗な歯並びになる訳でありませんが、健康的で機能的である状態は見た目も美しい歯並びであることが多い為、小児矯正で適切な歯並びにすることは綺麗で美しい歯並びにもつながります。

 

育成期に矯正を行うメリット

  • 永久歯を抜かずに矯正治療を行うことができる可能性が高くなる

永久歯が生え揃い、顎が成長し終えている状態から歯を綺麗に並べるスペースを作るとなると抜歯が必要になってくることが多いですが、永久歯が生えそろう前に矯正を行うことで、顎の成長を利用しながら歯が生えるスペースを作ることができる為歯を抜かずに矯正を行うことができる可能性が高くなります。

  • 歯が動きやすい

子どもの骨は柔らかく成長途中なので、少しの力で歯が動きスムーズなら治療を進めることができると言われています。

  • 顔のバランスを整える

指しゃぶりや舌で歯を押し出すなどのお口の悪習慣や歯並び•噛み合わせを改善することで顎の成長の偏りや顔のバランスが崩れるのを防ぎます。

このような、成長のコントロールは育成期でしかできません。

  • コンプレックスが解消される

歯並びが整うことで、口元に自信を持って生活できるようになるでしょう。

 

どんな治療をするの?

○床矯正装置•••

ネジのついたマウスピースを使用し、ネジを回転させることで少しずつ顎を広げ歯を正しい位置に移動させます。

○マウスピース矯正

柔らかいマウスピース型の矯正を加えて寝ることで、マウスピースの溝に沿って歯が生えるよう促します。

これら装置は、自分で着け外しできる為食事や歯磨きなど自分の生活に合わせて取り外しができます。ですが、装着時間が短いと治療がスムーズに進まなかったり十分な効果が得られなかったりする為注意が必要です。

 

子どもの矯正治療はいつからはじめるべき?

顔の骨や骨格が成長は早く、小学校高学年あたりには出来上がると言われています。骨格が完成してしまうと、歯や骨が動きづらくなってしまう為、もしも歯並びや噛み合わせなどに異常や違和感がある場合は早めに治療を始めた方が効果が得られやすいでしょう。

少しでも子どもの歯並びでお悩みでしたら、歯科医院に相談し、子どもの歯並びに合った治療法•治療開始時期を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました