医療法人 ヤマヂ歯科・矯正歯科クリニック

歯周治療例

治療前と治療後

症例 1.
治療前

下の前歯に歯肉肥大が認められます

治療後

歯磨きや歯周治療により歯肉が改善してきました

主訴 前歯が変なところから生えてきている
診断名 歯周炎を伴う叢生症例
症状 歯周炎 叢生症例
患者プロフィール 北九州市小倉北区10代女性
治療方針 非抜歯+叢生の改善
治療装置 白い表側矯正装置(マルチブラケット)+ヘッドギア+U級ゴム
抜歯 非抜歯
治療期間 2年0か月
リテーナー 上プレートタイプ・下フィックスタイプ
矯正治療費用総額 検査診断料(22,000円)+メタルブラケット装置料(418,000円)+管理調整料(110,000円) +装置撤去時診断料(11,000円) =561,000円(税込)
説明したリスク副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死など
矯正治療のリスクと限界についてはこちら
症例 2.
治療前

下の前歯の歯肉が下がっており歯肉退縮が認められます

治療後

下の前歯の歯周治療により歯肉が再生し歯並びも良くなりました

主訴 前歯の歯並びと噛み合わせが悪い 歯周病の治療もしたい
診断名 歯肉退縮を伴うAngleT級叢生症例
症状 叢生 歯周病
患者プロフィール 北九州市小倉北区40代女性
治療方針 上下顎歯列側方拡大・ストリッピング+歯肉移植
治療装置 白い表側矯正装置(マルチブラケット)+歯肉移植
抜歯 非抜歯
治療期間 2年6か月
リテーナー 上プレートタイプ・下フィックスタイプ
矯正治療費用総額 セラミックブラケット装置料(462,000円)+管理調整料(132,000円) +装置撤去時診断料(11,000円) =605,000円(税込)
説明したリスク副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死など
矯正治療のリスクと限界についてはこちら
症例 3.
治療前

上の前歯が歯周病により前方に出てきました

治療後

矯正治療と歯周治療により歯列や歯ぐきが改善してきました。
前歯4本は白いポーセレン冠が入っています
治療後10年以上経過し咬合は安定している。

主訴 歯と歯の間に隙間がある 歯周病で歯がグラグラする
診断名 歯周病を伴う空隙歯列弓症例
症状 空隙歯列弓 上顎前突
患者プロフィール 北九州市小倉北区60代女性
治療方針 歯周病治療+非抜歯+マルチブラケット
治療装置 白い表側矯正装置(マルチブラケット)
抜歯 非抜歯
治療期間 3年0か月
リテーナー 上プレートタイプ・下フィックスタイプ
矯正治療費用総額 セラミックブラケット装置料(462,000円)+管理調整料(132,000円) +装置撤去時診断料(11,000円) =605,000円(税込)
説明したリスク副作用

痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死など

矯正治療のリスクと限界についてはこちら

診療のご案内

▲ページ先頭へ