医療法人 ヤマヂ歯科・矯正歯科クリニック

よくある質問

歯列矯正Q&A

Orthodontic Q&A

悪い歯並びをほおっておくとどうなりますか?
次のような事の原因になる場合があります。
(1) 虫歯になり易い。
(2) 歯ぐきの病気(歯槽膿漏等しそうのうろう)になり易い。
(3) 物がよく咬めない。
(4) 正しい発音がしにくい。
(5) 人前に出るのが嫌で引っ込み思案になり易い。
(6) 顎関節症になり易い。
(7) アゴのズレにより、肩こり・腰痛・頭痛等が起こることがある。
治療期間はどの位ですか?

症例によって異なります。短い場合は3〜6ヶ月位、長い場合は5年以上に及ぶ場合もありますが、平均すれば2〜3年位でしょう。但し、装置装着後は月1回位の通院ですみますから、それほど負担にはなりません。

具体的にはどの様な手順で治療が行われるのでしょうか?

普通、次の様な手順で行われます。

治療は痛みを伴いますか?

装置を調節した日から2〜3日は、歯が浮いた様になる事がありますが、これは自然になくなります。歯を削る事はほとんどありませんので、一般の歯科治療とは全く異なります。

費用はどの位かかるのでしょう?保険はききますか?

残念ながら普通の歯科矯正治療は保険の対象から外されています。しかし唇顎口蓋裂しんがくこうがいれつに起因した矯正治療や顎変形症の外科矯正治療は、保険がききます。歯列矯正治療の費用は症例によりかなり大きく異なりますので精密検査の結果をみてお知らせする事になります。支払い方法などについては分割納入が可能な場合もありますので、事前に担当医に良く相談して下さい。尚、歯列矯正の治療費は税金の医療費控除の対象となります。

年齢に制限はありますか?また、治療は何才頃始めたら良いのでしょうか?

最近では、治療法の発達により大人でも良く治るようになりました。ただ大人の場合、歯を動かすのに時間がよけいかかりその分費用が少しよけいにかかることがあります。最近では外見を気にする人の為に、装置が他人の目に触れないよう色々工夫されています。歯列矯正装置の種類のページにある、舌側ぜっそくマルチブラケット装置等はその例です。米国ではこのために大人で歯列矯正治療をする人が急増しています。歯列矯正治療に最適な時期は?という御質問には一概に答える事はできません。それは、症例によって早くから(4〜6才頃)治療した方が良い場合もあるし、時期を遅らせて永久歯に完全に生え変る前(10〜12才頃)にいっきに治療した方が効果的な場合もあるからです。これは精密検査を受けた後のコンサルテーションで、先生から説明があります。この意味で不安のある場合は、なるべく早い時期に矯正歯科医に一度相談される事をお勧めします。

歯列矯正治療の為、歯を抜くことがあると聞きましたが?

歯列矯正治療の目的は、自分の大切な歯を出来る限り保存して、それを少しずつ動かして正しい位置に持っていき健康で機能的な美しい歯並びを作る事です。しかし、中には乱杭歯らんくいばやとんでもない所に飛び出した異常な歯のように、むしろ抜いてしまった方が良い場合もあります。現代人では小さくなった顎に歯が並び切れなくなったという意見もあり、このような場合、余分な歯を間引きした方が有益な事があります。抜いた後の隙間を利用してきれいな歯並びを実現する訳です。もちろん、抜く事が必要でない場合もたくさんありますので、最終的には精密検査をした上で抜歯が必要かどうかの診断を下す事になります。

矯正治療中、食事は普通の食事で良いのでしょうか?

はい。あまり食事に神経質になる必要はありませんが、固い食物をバリバリ噛んだり、ガムやチョコレートの様な粘着性の食べ物を食べたりすると装置が壊れたり、装置に食物がくっついたりする事がありますので、こういった食物はなるべく避けた方が賢明でしょう。ガムやチョコレート、キャラメル等は虫歯予防の観点からも余り好ましい食べ物とは言えません。

補綴ほてつ処置(入れ歯・ブリッジ)の前に歯並びを直した方が良いと言われましたが?

歯並びが悪いままでは、入れ歯やブリッジを作れなかったり、作りにくい場合があります。そういう場合は歯並びを良くした後に、補綴物ほてつぶつ(入れ歯・ブリッジ)を作製した方が良い場合あります。担当医の説明をよく聞いた上で、治療を始めて下さい。

診療のご案内

▲ページ先頭へ