小児歯科

小児歯科

小児歯科~年齢別、ご家庭での口腔ケアのポイント~

子どものうちから、歯磨きなどの虫歯予防・口腔ケアの習慣を身に着けておくことは将来の健康にもつながります。 ひとくくりに「子ども」といっても、年齢によって身体や心・生活習慣が全く違います。 お子様の、ひとりひとりの成長に合わせた口腔ケアが重要になります。
小児歯科

小児歯科~子どもの歯科治療~

ヤマヂ歯科・矯正歯科クリニックでは、日本小児歯科学会に所属した女性歯科医師による、お口の中の管理・虫歯治療・生活習慣指導を行っております。必要に応じてフッ素塗布や噛み合わせのチェックもしており、矯正治療をしたほうが良いのであれば、日本矯正歯科学会の認定医と臨床指導医がいますので当院で矯正治療を行うことができます。
小児歯科

子どもの虫歯の予防で重要なポイント

【子供の虫歯の予防で重要なポイント】 1、正しい食生活子供は食生活が乱れただけですぐ虫歯になってしまいます。いつもおやつや甘いジュースなどを食べたり飲んだりしている子供は口の中が常に酸性に傾き、虫歯になりやすくなります。
小児歯科

指しゃぶりを続けるとどうなっちゃうの?

指しゃぶりが歯に与える影響 指しゃぶりはかなり強い力で指を吸っていることが多く、長時間指を吸うことによって歯にも力が加わってしまいます。
小児歯科

親が虫歯になりやすいと子どもも虫歯になりやすい?

歯が遺伝することはないと言われています。 虫歯の主な原因として、虫歯菌や生活習慣などがあげられますが、生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯の原因の一つである虫歯菌は持っていません。では、どこで虫歯に感染するのかというと、愛情表現のために親が子にキスしたり食事の際に子どもと同じ箸やスプーンを使ったりするなどして大人の口の中にある虫歯菌が唾液を介して子どもにうつってしまいます。
タイトルとURLをコピーしました