新型コロナウイルス(COVID-19)流行に伴う感染予防対策について
ホームへ

矯正治療費

  • 受付求人募集
  • 求人募集
  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)

矯正治療(自費)の治療費について

1. 相談料 無料
2. 診断料 検査料+診断料 22,000 円(税込)
3. 矯正装置料 子供の矯正治療
一次矯正
乳歯列期、混合歯列期の
矯正治療(3歳〜12歳)
220,000 円(税込)
二次矯正
一次矯正を受けた方で
本格矯正を行う方(12歳〜)
220,000〜 円(税込)
大人の矯正治療
普通矯正
(表側矯正)
418,000506,000 円(税込)
舌側矯正
(裏側矯正)
660,000836,000 円(税込)
インビザライン
(マウスピース矯正)
660,000726,000 円(税込)

※インビザラインに関して詳しくはこちらのページをご覧ください。

4. 矯正調節料
(毎回)
簡単 3,300 円(税込)
普通 4,400 円(税込)
困難 5,500 円(税込)
5. 治療終了後の保定装置料金 8,80011,000 円(税込)
6. 治療終了後の保定装置観察料
(毎回)
1,1003,300 円(税込)

*使用する材料と難易度によって料金に幅があります。

★顎変形症、口唇口蓋裂、および国が認めた先天異常による咬合異常は国民健康保険の適用になりますので、料金体系が上記と変わります。

家族割引制度

ご家族で矯正治療を受けられる方の二人目からは、検査料を5,500円(通常22,000円)(税込)とさせて頂きます 。

矯正治療費の支払方法

治療費のお支払いは、一括払いと分割払いのいずれかでお支払い頂けます。
分割払いは治療開始から原則1年間であれば手数料がかからない院内分割をご利用いただけます。

医療費控除

医療費控除とは一年間に支払った医療費が一定金額を超えた場合、確定申告をすることにより所得税・住民税が還付または軽減される制度です。
矯正治療は、医療費免除の対象になる場合が多いです。
以下は医療費免除額の一例です。

例 年収500万円の人が50万円の治療を受ける場合、

所得税から8万円還付されます。
住民税から4万円減税されます。

つまり50万円の治療が実質38万円で受けられます。

>> 医療費控除のご案内(PDF)

*2019年度に作成時点での情報です。最新の情報は国税局のHPでご確認ください。 >> 国税庁ホームページ

治療費に関して不明な点がある場合は無料矯正相談を行っておりますのでお気軽にご相談ください。